FC2ブログ
女性のエッチな小説/体験談ブログ ピーチノベル TOP  >  スポンサー広告 >  小説 >  二穴責めでイキまくる淫乱人妻の4P乱交体験談/小説/話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二穴責めでイキまくる淫乱人妻の4P乱交体験談/小説/話

二穴責めでイキまくる淫乱人妻4P乱交体験談/小説/

↓スマホアプリで読むならこちら
⇒スマホで読む
↓WEBでそのまま読むならこちら

こんにちは、S子です。26歳主婦です。
私には結婚前から付き合っているセフレJ君がいて、結婚後も切れないでいます。
高校時代のクラスメイトです。彼は水曜日が休みです。だから、私は水曜日になると主人を送り出して、彼のマンションに出かけます。この日は夕方までずっと一緒です。
エッチはいつも彼のマンションです。彼はずっと3Pがしたいと言っていました。

「S子が他の男に辱められるのを見ながら、嫉妬心に駆られて、激しいセックスをしたい」のだそうです。

ずっと断っていましたが、ついにその日がやってきました。

どうせすぐ脱がされるので、ノーパン、ノーブラです。
外へデートに出かける日もありますが、そのときももちろんそうです。
おでかけの日はなるべくミニスカートにします。
この日はおでかけの予定はありませんでしたが、初めての男性とも会うので、刺激的な格好をすることにしました。
おへその少し上からV字に割れたキャミで、編み上げになっています。
キャミの丈は短くて、ミニスカもおもいっきり腰ではかないとお尻が見えてしまうほど短いものです。
お腹丸出し。

彼のアパートに着くと、J君の知り合いだと言うKさんが「おお~」と、歓声を上げました。
その喜びように、私は恥ずかしさも消えて、エロエロS子ちゃんのスイッチオン。

そうなんです。私、エッチがとても好きなんです。

でも、さすがの私もビビリました。
J君とは馴染みまくった身体ですけど、そこにはKさんに加えて、もうひとり男性がいたのです。
Mさんと紹介を受けました。

「3Pも4Pも変わらないだろ?」

約束と違うじゃないと文句を言おうと思いましたが、速攻でJ君に押し倒されて、唇を奪われました。
舌を絡めながら、私は「もうどうにでもして」と心の中で呟きました。

いつもと違うセックスに期待している私を自覚しました。
どうせなら3Pよりも4P。
なにかすごいことが起こりそうで、じゅくじゅくとアソコが激しく濡れ始めます。
キャミとスカートをまくられ、乳首とアソコにも唇が吸い付いてきました。
いつもなら、J君が順番に味あわせてくれる快感。
それが一挙にやってきたのです。

あたしは感じやすいほうだと思いますが、この日はそれ以上。
いきなり、「あ、あ、ああ~ん!」と声が出てしまいます。

「いや、あ、いやあ~。いい、うわああ~」

わけがわからなくなってきます。

キスを終えたJ君は、「唇は終り!」と宣言します。
あらかじめ打ち合わせしてあったのか、MさんもKさんもそれに従います。

「え?なに?」

感度急上昇で、とりあえずこのまま一度イッてしまえるかなと思っていた私は肩透かし。
J君と私は、お互いの身体のことは熟知しています。
だから、寸止めを繰り返して最高の快感を長時間味わい続ける、なんてことをしたり、逆に短時間で何度もイクなんてことをして楽しみます。
さすがにJ君は短時間で何度もは無理ですが、女の私はそれこそ際限無いんです。

でも、今日のはそういう楽しみとは違いました。
唇と舌攻撃のあと、すぐに両手攻撃が始まりました。
3人6本の手がいっせいに責めてくるのです。
J君は軽く私の首を絞めて、それからその手を顎から耳へ移動させます。
ふんわりとなぞるように。
KさんとMさんは、両乳房と両足の太腿の内側を愛撫。
私はのけぞるはよがるわ、ラブジュースは溢れるわ、腰がピクンピクンはねるわ、本当にもうわけがわかりません。
足にピイ~ンと力が入って、その力を抜こうにも抜けず、小さな痙攣が始まってしまいました。
私はただ獣のような雄たけびを上げるだけです。

このあとのことはもう断片的にしか覚えていません。(ごめんなさい)

2本のおちんちんを同時に咥えたりとか、ハメながら両手はそれぞれ別のおちんちんをさすっていたりとか、それを交互にしゃぶったりとか。
気がついたら、仰向けになった私の下にJ君がいて、下からアナルに入れています。
そして、アソコにも上からかぶさってきたMさんかKさんのどちらかのものが入っています。
実は、プレイ中はMさんとKさんの区別がついていませんでした。

主人のしてくれないアナルセックスをJ君はしてくれるので、これも楽しみのひとつでしたが、同時にアソコにも入っている異常さに、私は精神が崩壊しそうになったのを覚えています。

「いや~。こんなの、いや~!」

快感に抗って必死に抵抗するのですが、二人のピストンのペースが違うので、予想できない快感と不快感が突然のようにやってきてはひき、自分の意思で身体を動かすことができないのです。

そのうち、口にもおちんちんが。
いえ、手でしごいていたそれを私が引き寄せたんだと思います。

J君と昼食も忘れて一日中セックスするのと同じくらいの高揚が、わずか1時間ちょっとで私の肉体を支配しています。
6回までは覚えていますが、その後、何度イッかもうわかりません。
口でもアソコでも精液を受け入れ、肌にも複数のそれが張り付き、自分のラブジュースもあわさってアソコはどろどろ。

チャイムが鳴って、出前のお寿司が届いたのをきっかけに(J君はあわてて服を着て受け取っていた)、私はいったんシャワーを浴びることになりました。
シャワーを終えた後も、まともな昼食になるはずもありません。
お寿司を女体盛りにされて、私の肌を3つの舌が這いずり回ります。
私は口移しでしか食べさせてもらえません。

食事が終わると、今度は順番タイム。
ひとりが私を責め、あとの二人は見学です。
3人の男の人はその間に回復して、しかも私と誰かのエッチを見てるものだから、自分の順番になるともうそそり立っています。

J君は、私がピルを飲んでいるのを知っているので、みんなもう中で出し放題。
MさんかKさんが私に挿入しているとき、J君は「舐めてくれ」と目の前に肉棒を突き出してきます。
セックスの虜になってしまっている私は、むしゃぶりつきました。
やっぱり長年馴染んだこのおちんちんが好きです。

「いつもは5回くらいが限界だけど、今日は7回出したよ」とJ君は言い、MさんとKさんも4~5回は出したみたいです。

同時に何人もに責められるのも、次から次へと男の人が交代してほとんど入りっぱなしになっているのも、ものすごく気持ちよくて、また近いうちにやる予定です。
あと一人か二人同時でもいいなあとかって思います。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[ 2017年03月16日 06:47 ] カテゴリ:小説 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。